FC2ブログ

プロフィール

花おばさん

Author:花おばさん
FC2ブログへようこそ!

見た目も、医学的にも、ノーマル女性にしか見えない管理人。けれど、幼いころより、何故女子のはかわいいお嫁さん、ままごと遊びしかしてはだめなの?
桃太郎のお話の中の、しばかりにでかけるおじいさんになりたかった女の子でした。男は度胸、女は愛嬌の逆合言葉にしたかった管理人。やっと、最近、そんな肉体の性別と感覚の性別で揺れ動いている人達に出逢って、ほんとうの自分に出遭えた喜びを、止められない私がいます。こんな管理人ですが、どうぞ、よろしく。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:Xジェンダーライフ


医学的・肉体的な身体の性別に対して、感じる感覚的性自認との間にギャップがある人、または、その間で揺れ動いている人たちののことを相称して、Xジェンダーという言葉が使われています。

日本においては、まだまだ新しい表現の言葉です。私自身、その言葉を知ったのは、7・8年前くらいでしょうか。そして、信頼できる友人たちに、カミングアウトしたのも、そのくらいでしょうか。

別のコミニティに登録している中で、ある大きなWSで、国際紹介者の女性のリーダが来日してきたとき、トピックグループに成立しなかった中に、【自分のことをどうしても、女性だと思えない】グループがあって、そのリーダーが、このテーマは、とても大事なことだから、ぜひ、WS中、ふたりでセッションにトライしてみて!と背中を押されて、WSが終わる最後の日まで、北海道出身の、私と同じように、女性で、母親である人と、そのテーマで、掘り下げて取り組んだ経緯があります。

海外では、すでに、そのカテゴリーについては、カミングアウトする人も、コミニティもしっかり歴史もあるようですが、まだまだ日本では、極最近、某番組でも取り上げられたりとか、知らない方の方が多いと思います。

そして、あの有名なとても強烈な個性をお持ちの音楽家の方は、見た感じはそう思えなくとも、完全なノーマル女性でいらしゃいます。気性やご性格がとてもはっきりしていらっしゃるだけのように思います。

医学的肉体的にはノーマル男性であっても、嗜好、感覚が、女性に近い方、私のように、女性の人生を生きてきた中で、環境的に、社会的女性への社会通念・ものさしに、随分と苦しんできた違和感を抱えて暮らしている肉体的にノーマルな女性の方もいらっしゃいます。または、無性か中性であることを宣言している方もいらしゃいますが、まさに、多様性の中に生きている方たちの集まりです。

今は、ネット検索で、いくらでも、ワードが出てきますから、疑問に思われることがあるようでしたら、調べられるのも手かと思います。性同一障害という言葉が広く知られ、だんだん市民権を得てきたように、Xジェンダーの方たちも、どうどうと、自分らしく生きたいと、仲間と出会い、安心して自分でいられる場所を、広げていこうと、努力されています。

男は、こうあるもの。女性は、このようにあるべき・・・というものさしではない、生き方を選ぼうとしている人と、捉えてくだされば、結構です。実際、もし、直接お会いすることがあっても、極ごく、普通の年齢相応の女性にしか見えないと思いますよ♪

だって、長く女性として、母として、嫁として、妻としての役目、役割を、年中無休で、生きて来たのですから。

今日、3度目のアップになりました。花おばさん。


にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

こんにちは。
Xジェンダーと性同一障害とは
また別のものなのですね。
恥ずかしながら、勉強不足で存じ上げませんでした…。
まだまだ少数派の中、
前向きにポジティブに生活をされていて
ご立派だと思います。
これからも自分らしさを失うことなく
生きたいように生きていけますように。

残念ですがあまり日本では、
認知度もまだまだ高くないですもんね。
自分の性についてもハッキリとどちらだとは言えない人もいたりしますし、
そういう人でも自分らしく暮らしていける、
そんな社会になっていくといいですよね(´∀`)

Xジェンダーだって、精一杯生きてます。

なにわのねこさん、そして、ツバサさん、コメント、ご感想、そして、励まし、ありがとうございます。

私が、このブログを立ち上げたのも、まだまだ少数派の中のマイノリティなカテゴライズされている分野で、全国に散らばっている多くのXジェンダーの人たちが、まわりから理解されずに、悩み、苦しんでいることを知り、やっと出逢って自分を語り始めています。

そんな彼らのことを少しでも、偏見なして、知っていただければと思い、始めました。

なにわのねこさんも、ツバサさんも、お優しい方ですね。どうぞ、どこかで、あれ?、ひょっとして?と感じられる人に出逢う事があっても、どうぞ、、異質なものという偏見の目で物事を判断しない人で、いただければ、うれしいです。

コメント、ご感想、まことに、ありがとうございます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2020 Xジェンダー・Life all rights reserved.Powered by FC2ブログ