FC2ブログ

Xジェンダー・Life

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと、風変わりな女の子、そして、今もかなり風変わりな女子・女性・おばさんの人生。



あなたが覚えている一番最初の記憶って、どんな記憶ですか? 幼い頃の記憶は、大きくなるにつれて、だんだんぼやけてきて、いずれはどこかに埋もれてしまうかもしれませんが、何年たっても、いくつになっても、まったく色あせることなく、記憶に留まっている光景があります。

今の仕事に採用されるまでの間で受けた講義にて、精神科医の方のある質問が鮮やかによみがえってきます。子どもに関わる仕事をしたくて、応募して研修と養成講座に参加した時です。"あなたの子供の頃の記憶で、一番最初の記憶は、どこまで遡れますか?"という質問でした。あの当時は、カウンセリングバブル時代と言われるほど、そういった類の職業に憧れる人が多くて、受講生がかなりいました。そんな中でも、0歳児の時の記憶がある人は、ほんの2・3人。そして、お腹の中の記憶があったのは、私ひとりでした。

私の中の一番最初の記憶は、母のお腹にいて、寒くもなく、暑くもない、ちょうどよいお湯につかっているような感覚の中で、母方の実家である小さなお寺の本堂で、祖父母のお経をあげる声と、時々鳴らす鈴の音だったのです。

物心つく頃、本堂に座っていると、祖父母がお経の合間に打ちならす、その鈴の音に、覚えがあって、”あ!あの時、お腹の中で聞こえてきたのは、この本堂でならしていた鈴の音だったんだ!と、わかった時、ある意味、現実本当だったのかどうかも定かでなかった記憶が、現実のことだと知った時は、自分でも衝撃を受け、誰にも話せませんでしたが、肉体と自分という存在意識を感じていた記憶とは、別物だということも、誰かに教えてもらう前に、気づき、理解していたとても風変わりな女の子だたのです。

2・3歳の頃から、いつも、普通に友達と遊んでいるときでも、それ以前の記憶は全くなく、お腹の中で感じていた記憶以前の自分は、どこにいて、そして、これからだんだん大きくなってくると、今感じている自分は、どこへ行くのだろう?と、不思議でしようがなくて、よく母方の実家に行ったとき、祖母や、祖父に、いろいろ質問していたのです。

たぶん、その環境が、私に、肉体の年齢と、心の年齢とは、別物で、たとえ、子どもであっても、魂・心が多くを経験した先輩であり、たとえ立派な大人であっても、まだまだ人としての経験が若く、精神年齢が(魂と心の熟練度が)とても幼い人もいるんだといういことに、気づいてしまった・女の子だったのです。

私のXジェンダー意識は、たぶん、育った環境や、母のお腹にいた赤ちゃんの意識には、男の子だから、とか、女の子なんだよね・・・という自覚はまったくなかった、その時の状態に意識が戻ってしまう所が大きいようです。先日の学術論文のためのインタビューを受けた際、相手の院生の方にも、そのように感想を言われましたから。他の方とは随分と違うように感じますとおっしゃっていました。

けれど、そこに至るまでには、肉体的・医学的性別と、感覚や意識の自覚がまるで一致しない、自分でも、よくわからなかった時間を長く過ごし、違和感をかかえながら、渇きを癒すために水を砂漠で探し求めるような感じで、随分と苦しんでいた私もいたのも事実です。探しても、探しても、腑に落ちる答えが見つからなくて、安心して人に話すことも、怖くてできませんでした。

自分が女性として生まれてきた理由と意味を追い求めて、〇〇年。やっと、その答えに辿り着き、今は、すべての事が、今に辿り着くためのプロセスだったということを理解できるようになっています。それには、それに気づけるたくさんの幸運な出会いがあったからなんだと、それは、人だけではなく、周りの環境(山と川と、自然界の仕組みや日本の四季折々の生き物たち)からも、たくさんの事を教わったからなんだと分かるようになってきました。

求めよさらば、与えられん・・・・・この言葉がいつも、ふっと浮かんできます。一日中、目の前の川の両端を、行ったり来たりして、何故、同じ川の水なのに、冷たかったり、ぬるかったりするのか、不思議でしようがなく、何日も、何日も、夏の間中、朝から、夕方日が暮れるまで、ずっと、川にいた少女時代を思い出します。

そして、ついに、きらきらりーん!とひらめき、その答えを知った時は、まるで世界で初めてそのことを発見した・あのニュートンのような気分で、興奮し、一番中眠れませんでした。

だから、このようなちょっと風変わりなブログに来てくださる方も、不思議なご縁で、お会いできていることに、感謝しています。ありがとうございます。人間関係で疲れてしまう時、仕事やご自身のお身体の事で、悩んでしまう時、またメンタルヘルス面で、苦しい日々を送っていらっしゃる方に、少しでも、生まれた意味、生きている意味、何故なんだろうと疑問に思われる時、少しでも、このカテゴリが、お役に立てればと思い、新たに追加しました。

どの方の人生もかけがえのない大切な人生ですから。 

花おばさんp(*^-^*)q


にほんブログ村
スポンサーサイト

- 2 Comments

haha  

Xジェンダー

私は聞いたことがあるような無いような感じですが。
バイオリニストの高島さち子さんという方は
ご存知だと思いますが。
たまにテレビで見かけると、男の中の男という感じで、
まるで男そのものだと私は思ってみています。

でも、花さんはブログで感じる限りでは、
全くそんな感じはしないのですが。
きっとそれとはまた雰囲気が違うのかな。
直にお会いして話さないと解らない世界ですね。

”他の方とは随分と違うように感じます”
とありましたが、では普通って何なのでしょうか。
一人ひとり違うから面白いのでは。

2017/06/03 (Sat) 11:03 | EDIT | REPLY |   

花おばさん  

長く付き合うと、わかるかもしれません。

初対面の方の多くは、実物からの印象は、ソフトな感じを受けるみたいです。そして、文面・文体も、仕事柄の影響かもしれません。対外的なブログであることを意識して書いてるからかもしれません。

長い付き合いの息子たち、友人たちは、たぶん、平均的・一般的女性、主婦、お母さんのものさしとは、違うと感じているみたいですよ。

多様な個性があるからこそ、世界は素敵で、わくわくするし、同じではないことが、許容、寛容される社会であってほしいと思ってます。内面と、外面が、傍から受ける印象と、内面との違いがあるのは、極当たり前ですから。

hahaさんの社会システムの矛盾などの憤りやお考えも、hahaさんだかこその視点であって、ひとつの個性だと思います。

普通というものさしは、国によっても、地域によっても、時代によっても、様々変化します。普通と感じるそのものさしも、心で感じるものなので、一人、一人のお顔が違うように、育った環境や、その人の持って生まれたものによっても、異なっているのですから、案外、とても狭いものさしかもしれませんね。

つい長くなりました。感心をもってくださって、ありがとうございます。hahaさんという個性も、素敵だと思いますよ。hahaさんしか気づかないこともきっと、沢山おありだと思います。

ご感想、ありがとうございました。

2017/06/03 (Sat) 16:05 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。