FC2ブログ

プロフィール

花おばさん

Author:花おばさん
FC2ブログへようこそ!

見た目も、医学的にも、ノーマル女性にしか見えない管理人。けれど、幼いころより、何故女子のはかわいいお嫁さん、ままごと遊びしかしてはだめなの?
桃太郎のお話の中の、しばかりにでかけるおじいさんになりたかった女の子でした。男は度胸、女は愛嬌の逆合言葉にしたかった管理人。やっと、最近、そんな肉体の性別と感覚の性別で揺れ動いている人達に出逢って、ほんとうの自分に出遭えた喜びを、止められない私がいます。こんな管理人ですが、どうぞ、よろしく。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:Xジェンダーライフ
『二胡の音色と、今日の空』



おはようございます。 

今日のアップは、ある日、急に二胡演奏の姿を描きたくなって、6月初め、下旬、7月最初と、語学学習の間の休憩時間に、かきかきしたラクガキ3点。

たぶん、記憶の中で、強烈に残る曲を聴いたからだろうか、とにかく、その流れるような嫋やかさがたまらなく好きなのである。

その音色を聴いていると、揚子江の景色を思いうかべ、あの山水画の風景が脳内をめぐり、何故だか、涙が溢れてくる。

もととも、三国志大好き人間であるが故かもしれないが、高校の時の漢文の授業でも、なによりも、その漢詩の朗読の時間が、一番好きであったほどだ。

中国歴史を扱った映画も、よく観に行っていた。



川が滔々と流れていく感じや、人の生き死にをも、包み込んで、優しく嫋やかに奏でられるその音色に、特別な感覚に襲われるのである。

まるで、我が魂までもが、揺さぶられ震えるような懐かしさを呼び起こされる、そんな感覚なのだ。(うーん、語彙不足を痛いほど痛感)

花おばさんの奥深くにある根幹を揺さぶる二胡の音色。

ラクガキトライを初めて、いきなり二胡演奏を模写したのだけれど、ひとつのポーズを、何度も描くうちに、見なくとも、脳内にインプットされ、この画が、半年後、一年後、どこまで化けるのかな~(^^♪ なぁ~んて事も、楽しみにしている。



そこで、せっかくなので、花おばさんの気まぐれで、いくつかリンクアップしてみた。

まず、中国語歌詞を覚えたい!と強く思った曲・涼涼

そして、ある程度の年齢の方は、きっとある番組で、聴いたことがあるはず。有名な『シルクロード』

そして、オマケの曲を、リンクしてみた。



二胡ラクガキだけでは、申し訳なく、今朝の雲の様子も、少し共にアップしてみた。



いつものごとく、最初の二胡演奏ラクガキ、クリックしていただけると、少しはマシになるかと・・。

最後まで、お付き合いいただき、誠に、ありがとうございました。

では、また、明日。

(。>ω<。)ノ○o。(○゚ω゚)ノャァヽ(゚ω゚○)。o○(*・`ω´・)ゞヾ(o´∀`o)ノ



スポンサーサイト



コメント

二胡という楽器を知ったのは、

女子十二楽坊というグループが日本で活躍した
時期がありましたね。音楽の才能もさる事乍ら
その美貌にも惹かれました( ´ ▽ ` )ノ
単独で演奏すると、切々とした音色は寂寥感を
醸し出していたような記憶が…。

Re: 二胡という楽器を知ったのは、

aconiteさん、いらっしゃいませ~。

<女子十二楽坊というグループが日本で活躍した
時期がありましたね。音楽の才能もさる事乍ら
その美貌にも惹かれました( ´ ▽ ` )ノ>

ありましたね~。ありました。 美して、演奏も素敵で。

その人その人で、同じ楽器でも、まるでしらべが異なりますよね。

<単独で演奏すると、切々とした音色は寂寥感を
醸し出していたような記憶が…。>

その人の人生そのものが、音楽に表現されるように感じます。

ご訪問、二胡話し、ありがとうございます。^^



花おばさん、今晩は。
いつもありがとうございます。

私は以前、二胡と胡弓は同じ楽器だとばかり思っていたんですが、全くの別物でした。
独特の哀愁を帯びた音色が魅力的な楽器ですね。

>いつものごとく、最初の二胡演奏ラクガキ、クリックしていただけると、少しはマシになるかと・・。

もちろん、クリックして拝見いたしました。
素晴らしいです。
デッサンからカラーリングまで、私には完全に欠如している能力ですので、とてもうらやましく思いました。

ソラの写真も拝見しました。
同じ関東とは思えないほど青空が見えていたんですね。
私のところでは、朝から時折雨もぱらつく相変わらずの梅雨空でした。
もういい加減に勘弁してほしいです。

二胡と胡弓

さえき様、いらっしゃいませ~。

こちらこそ、いつもありがとうございます。

<私は以前、二胡と胡弓は同じ楽器だとばかり思っていたんですが、全くの別物でした。
独特の哀愁を帯びた音色が魅力的な楽器ですね。>

呼び名も、その時代背景などによって、バイオリンさえ、胡弓と呼ばれた時があったようです。

<同じ関東とは思えないほど青空が見えていたんですね。
私のところでは、朝から時折雨もぱらつく相変わらずの梅雨空でした。
もういい加減に勘弁してほしいです。>

埼玉も、千葉も、同じ関東エリアであっても、まるで異なりますよね。
地形の形状などいろいろ合わさって、様々に雲も変化しているようです。

さえき様にとって、苦手な梅雨、さっさと過ぎ去ってくれるとよいですよね。
ぱ!っと降って、さっ!と晴れ上がる。そんな風にならないものでしょうか。

ご訪問、埼玉様子など、コメント、ありがとうございました。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2020 Xジェンダー・Life all rights reserved.Powered by FC2ブログ