FC2ブログ

Xジェンダー・Life

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蔦森樹という人物を知る・男と女の垣根を越えて。



まだXジェンダーという言葉なんてなかった90年代にどちらでもない人物として、いくつも書籍を出版している蔦森樹(つたもり たつき)という人物を、Xジェンダーコミニティで、初めて知った。

Xジェンダーという言葉が認知され始めたのも、日本ではごく最近のこと。Xジェンダーについても、言葉の認識も、海外と比べて、若干認識違いがあるようだし、日本での浸透は、まだまだこれからなんだろうと思う。

けれど、すでに、自分の性自認について、語っていた人がいたなんて、驚きだ。

今日は、コミニティでの大学院生さんからの論文のため、Xジェンダーインタビューを、上野公園で顔合わせすることになっている。今回のことがよいきっかけになって、今、項目ごとに分け、ずっと取り組もうと思っていた自分ストーリーを書いている。

自分が生きてきた証として、遺そうと思っている。そして、大切な友人には、伝えておこうと思い、高校時代の友人と、社会人になってからの、家族よりも長い付き合いのもうひとりの大切な友人に向けて、送ろうと思っている。そして、自分用と、ひょっとして、まだ出逢っていない同じような悩みを抱えて生きてきたXジェンダーの人の役に立てればとの想いを添えて、ひとつの作品になるよう、今現在。執筆中。

スポンサーサイト

- 2 Comments

haha  

さあ、今日も生きよう。

私が常に思うのは、生きていることに大きな価値があると
考えています。
肉体を持って生きているからこそ
様々な経験ができますしね。
魂になってしまったら男も女も無いですし。
生きていくことに大きな意味があると思っています。

2017/05/21 (Sun) 10:30 | EDIT | REPLY |   

花おばさん  

さぁ。今日も、精一杯生きるぞぉー!

同じような思いをしている方がいらっしゃることは、とても励みなります。
同じ猫好きの方にF2ブログでお会いできて、うれしいです。

困難な状況、安心できる関係の助けが圧倒的に少ない中で、どなたも、本当に懸命に生き伸び、生き抜いて
いらっしゃると感じます。

生きていること、それが何よりも大切で、大事なことで、素晴らしいことだと私も、思います。

なぜなら、大切な友人、知人を、自死という形で失った悲しみが、今もうずくからです。
彼らが、私に遺してくれたもの、もう誰も命を絶ってほしくない!という思いで、今も生きています。

リンクの件、こちらこそ、よろしく、お願いいたします。そして、もし、かなうなら、ぜひ、ブロ友申請
させていただければと、願っております。あくまでも、それは希望ですけれど。

今後とも、どうぞ、よろしくお願いいたします。

2017/05/21 (Sun) 10:49 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。