FC2ブログ

プロフィール

花おばさん

Author:花おばさん
FC2ブログへようこそ!

見た目も、医学的にも、ノーマル女性にしか見えない管理人。けれど、幼いころより、何故女子のはかわいいお嫁さん、ままごと遊びしかしてはだめなの?
桃太郎のお話の中の、しばかりにでかけるおじいさんになりたかった女の子でした。男は度胸、女は愛嬌の逆合言葉にしたかった管理人。やっと、最近、そんな肉体の性別と感覚の性別で揺れ動いている人達に出逢って、ほんとうの自分に出遭えた喜びを、止められない私がいます。こんな管理人ですが、どうぞ、よろしく。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:男性・女性って何?


まだXジェンダーという言葉なんてなかった90年代にどちらでもない人物として、いくつも書籍を出版している蔦森樹(つたもり たつき)という人物を、Xジェンダーコミニティで、初めて知った。

Xジェンダーという言葉が認知され始めたのも、日本ではごく最近のこと。Xジェンダーについても、言葉の認識も、海外と比べて、若干認識違いがあるようだし、日本での浸透は、まだまだこれからなんだろうと思う。

けれど、すでに、自分の性自認について、語っていた人がいたなんて、驚きだ。

今日は、コミニティでの大学院生さんからの論文のため、Xジェンダーインタビューを、上野公園で顔合わせすることになっている。今回のことがよいきっかけになって、今、項目ごとに分け、ずっと取り組もうと思っていた自分ストーリーを書いている。

自分が生きてきた証として、遺そうと思っている。そして、大切な友人には、伝えておこうと思い、高校時代の友人と、社会人になってからの、家族よりも長い付き合いのもうひとりの大切な友人に向けて、送ろうと思っている。そして、自分用と、ひょっとして、まだ出逢っていない同じような悩みを抱えて生きてきたXジェンダーの人の役に立てればとの想いを添えて、ひとつの作品になるよう、今現在。執筆中。

スポンサーサイト



コメント

さあ、今日も生きよう。

私が常に思うのは、生きていることに大きな価値があると
考えています。
肉体を持って生きているからこそ
様々な経験ができますしね。
魂になってしまったら男も女も無いですし。
生きていくことに大きな意味があると思っています。

さぁ。今日も、精一杯生きるぞぉー!

同じような思いをしている方がいらっしゃることは、とても励みなります。
同じ猫好きの方にF2ブログでお会いできて、うれしいです。

困難な状況、安心できる関係の助けが圧倒的に少ない中で、どなたも、本当に懸命に生き伸び、生き抜いて
いらっしゃると感じます。

生きていること、それが何よりも大切で、大事なことで、素晴らしいことだと私も、思います。

なぜなら、大切な友人、知人を、自死という形で失った悲しみが、今もうずくからです。
彼らが、私に遺してくれたもの、もう誰も命を絶ってほしくない!という思いで、今も生きています。

リンクの件、こちらこそ、よろしく、お願いいたします。そして、もし、かなうなら、ぜひ、ブロ友申請
させていただければと、願っております。あくまでも、それは希望ですけれど。

今後とも、どうぞ、よろしくお願いいたします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2020 Xジェンダー・Life all rights reserved.Powered by FC2ブログ