FC2ブログ

Xジェンダー・Life

ARTICLE PAGE

保護されてよかったと、先ずは思う。

京都で保護されたアビノ子どもカラス

京都にて、子どものカラスが保護されたらしい。最初鳩と思われていたが、よく見ると子どものカラスで、かなり弱っていたとか。先ずは、保護されて、なんとか元気を取り戻したらしい。いずれ、近くの山にて、放すという。

アビノは、白蛇、白ライオンなど、珍しいため昔から神の使いと呼ばれていた。あの手塚治虫さんの代表作・レオなどもそう。以前、兄弟の白のライオンを扱った番組を観たことがある。なかなか大人になれるまで生存することが難しいアビノ。白たぬきも、珍しい故に、夕方のニュースで扱われていた。

自然にいずれ帰るのだが、まだ子どもゆえに、人を怖がらずに、写真に収まっている彼女、彼の、大人になれるまで、生きていてほしいと、願うばかりだ。きっと、普通よりも、その白さゆえに、厳しいだろうが。願わずにはいられない。そんなことを、思う今日の花おばさんです。


にほんブログ村
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。