FC2ブログ

プロフィール

花おばさん

Author:花おばさん
FC2ブログへようこそ!

見た目も、医学的にも、ノーマル女性にしか見えない管理人。けれど、幼いころより、何故女子のはかわいいお嫁さん、ままごと遊びしかしてはだめなの?
桃太郎のお話の中の、しばかりにでかけるおじいさんになりたかった女の子でした。男は度胸、女は愛嬌の逆合言葉にしたかった管理人。やっと、最近、そんな肉体の性別と感覚の性別で揺れ動いている人達に出逢って、ほんとうの自分に出遭えた喜びを、止められない私がいます。こんな管理人ですが、どうぞ、よろしく。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


おはようございます。

本日の書き出し時間・現在6時でございます。(^∇^)ノ



↑のフォトは、あのカラスノエンドウが結実し、マメ化したものです。

さて、今日の内容は、予告通り、「あのほっこり話の後半」です。 ♪(/・ω・)/ ♪

それは、いつものように買い出しにでかける際、筋肉低下防止のための回り道テクテクウォーキング中に、見かけたまだ幼い兄妹の光景でした。

主人公は、このおマメさん。 

まったく忘れ去られてしまった白い花壇に、どこからか鳥が運んできた種から、発芽したカラスノエンドウが、その場所を独占し、あの可憐な花を咲かせて、その後たくさん、こんな風にしっかりさや状態になっていました。

すると、小さな男の子と、さらに小さな女の子が、ふたりで、競争のように、その白い花壇のふちに、一生懸命、このさやえんどうを並べているではありませんか! @@



何か、ふたりで、べちゃくちゃ・おしゃべりしながら、さながら、お店屋さんごっこのように、おままごとをしているように見えました。

そのふたりの姿を、お母さんが見守りながら、そっとやさしく語りかけながら、楽しい・ほのぼのとした時間を過ごしているのです。

白い花壇のふちに、緑鮮やかな・新鮮野菜がズラリとならんだ・にわか野菜屋さん。

もちろん、店主は、その幼い兄妹。

立ち止まらずに、通り過ぎましたが、なんだか、かつての自分の子供時代、カラスノエンドウ豆で豆笛つくって、近所のお友達と、誰が一番うまく吹けるか、競争しながら、わいわい楽しく遊んでいたことを、思い出しておりました。



その場を、立ち去った後も、その兄妹の様子が思い出され、うれしくなり、まだこんな風に遊ぶ子供たちの光景を見かけることができて、おばさんの心は、じんわり、じんわり、ほっこりしたのでした。^^

自由にものをみたてて空想する時間。それは、子どもの特権。そして、今もそれは続いているのですね。

もうひとつのほっこり・じんわり話。

いつもよく利用するスーパーでの出来事でした。

普段レジに人が列をつくるなんて、ほとんどない場所だったのですが、コロナの影響以来、時間帯によって、すべてのレジに人が並び、購入した品を袋詰めする台も、いっぱいになることがあるのです。

偶然、そんなタイミングに重なったようで、代金払ったあと、目の前の人がすむまで、いっぱいになっているかごを両手でもちあげていると、若い女性の店員さんが、おばさんに、声をかけてくれたのです。

”どうぞ、こちらへ!”そこは、彼女が担当するレジ台。



最初、一瞬、よくわからなくて、”いえ、もう代金は済んでいます!”とトンチンカンな返事をしてしまった私に対して、彼女は再度、”ええ、だから、こちらでどうぞ。” と言ってくれたのです。

そんな風に気遣ってもらうなんて、まるで想像もしていなかったので、おばさん脳内、ちょっとした混乱が起きてしまったのです。

そうこうやり取りする間に、これまたタイミングよく、目の前の荷物入れ台がすべて、空き、”ありがとうございます。空いたので、こちらで入れます”と答え、荷物を自前の袋につめながら、心は、じんわり、じんわり、あったかくなっておりました。

その彼女の気遣いがあまりにうれしかったので、すべて入れ終わって、お店を出る際、彼女のもとへ近づき、”先ほどは、わざわざ言って下さって、ありがとうございました。嬉しかったです!”と声をかけ、そのスーパーを後にしたのでした。



最近、コロナの影響で、レジ打ちの方へ、いらいらを、そのまま・ウップンばらしのように、暴言を吐く人があり、そんな事に嫌気がさして、辞めていく店員さんが増えているというニュースを聞き、心が痛んでおりました。

自分の身体から発する言葉。人の世を明るくもすれば、一気に、人の心を壊してしまうこともある言霊。

訪問してくださるブロガーさま、あなたの一言で、ギスギスしたその場が、ふっとやわらぎ、明るくなります。

日々、コロナの恐怖にさいなまれながら、奮闘している運送してくれる方へ、日々の買い物をレジ打ちしてくださる店員さんに、やさしく、温かい言葉を、いえ、春風のように温かい眼差しで、ありがとうと、にっこり微笑んであげてください。

お金のかからない・重さもない、けれど、そのかけた笑顔と言霊は、何倍も、その場所、人を元気にしてくれますから。



本日のアップ、カラスノエンドウ&空以外、やはり、全てお借りしたイラストでございます。

最後まで、お読みいただき、
ありがとうございました。 <(_ _)>

では、また 明日―。 ^^w


スポンサーサイト



コメント

おはようございます♪

花おばさん様、いつもありがとうございます♪

ちょっとした気遣いって、他人を思いやる気持ちから生まれるものだと思います。
現在、コロナ蔓延で自粛、生活、仕事に困難な状況で心がギスギスしている方も多いですが、こんな時だからこそ他人の立場を思い、気づかい、思いやりを忘れないようにしたいですね(*^-^)

懐かしいおままごと

おはようございます!

昔はゴザを敷いて
おままごとをするのが
みんながしている普通の遊びでした。
今はなかなか見られませんね^^;

息子は保育園に0歳からお世話になり
そこでは当たり前におままごとの
姿がありました。

平成でありながら昭和の雰囲気に
お迎えするのが楽しかったのです♬︎♡

子どもは大人の姿をよーく見ています。
それを真似ながら育つのですもんね。
ほのぼの話しは
免疫力アップにつながります。

ありがとうございました♡

言葉の重みとパワー!

微笑ましいおままごとシーンでしたね。
くろすけもよく、泥でオダンゴ作ったり、お花や葉っぱて飾ったケーキ作ったりしてましたね。そう言えば、絵の具を溶かしてカラフルなジュースを作ったり。。。懐かしい!
笑顔と言葉掛け、大事ですね。たった一言で元気になれたり、不快になったり、一生を左右するような心身のダメージにつながったり、奈落の底から這い上がれたり、言葉には魂が宿ってますね。冷血動物では無い、人間らしい臨機応変な言葉を発して殺伐とした世の中を渡っていきたいものです。
ありがとうございました。

こんにちわ
こんなご時世だからこそ、他者への思いやりが大切だと思います。

Re: おはようございます♪

> 花おばさん様、いつもありがとうございます♪

美香さん、いらっしゃいませ~。
こちらこそ、ありがとうございます。

> ちょっとした気遣いって、他人を思いやる気持ちから生まれるものだと思います。
> 現在、コロナ蔓延で自粛、生活、仕事に困難な状況で心がギスギスしている方も多いですが、こんな時だからこそ他人の立場を思い、気づかい、思いやりを忘れないようにしたいですね(*^-^)

袖振り合うも多生の縁と昔から言われるように

人との縁はすべて単なる偶然ではなく、深い因縁によって起こるものだから、
どんな出会いも大切にしなければならないという仏教的な教えに
基づくことわざですが、出会う人、出会う人、きっとそのような
ご縁があるのだと、思います。

そう美香さんとの出会いも、きっと、ご縁があたったのでしょうね。

ご感想、ご訪問、ありがとうございます。

Re: 懐かしいおままごと

> おはようございます!

イオママ様、 いらしゃいませ~。

> 昔はゴザを敷いて
> おままごとをするのが
> みんながしている普通の遊びでした。
> 今はなかなか見られませんね^^;

そう言えば、とんと見かけなくなりましたね。


> 息子は保育園に0歳からお世話になり
> そこでは当たり前におままごとの
> 姿がありました。

保育園では、そんな当たり前の光景が
まだまだ見られたんですね。

> 平成でありながら昭和の雰囲気に
> お迎えするのが楽しかったのです♬︎♡

微笑ましかったことでしょう。^▽^

> 子どもは大人の姿をよーく見ています。
> それを真似ながら育つのですもんね。

そうです。大人の姿を見て、その影響は、大人が思っている以上に大きいそうです。

> ほのぼの話しは
> 免疫力アップにつながります。

笑う事、元気になること、うれしいこと、
みーんな私たちの免疫にプラスになりますよね


> ありがとうございました♡

こちらこそ、美味しいご飯を楽しませて頂いており、
ありがとうございます。

ご訪問、コメント、ありがとうございます。

Re: 言葉の重みとパワー!

> 微笑ましいおままごとシーンでしたね。

黒すけさん、いらっしゃいませ~。

> くろすけもよく、泥でオダンゴ作ったり、お花や葉っぱて飾ったケーキ作ったりしてましたね。そう言えば、絵の具を溶かしてカラフルなジュースを作ったり。。。懐かしい!

おお!@@ 絵具を溶かしてのジュース作りですが、それは楽しそう! ^▽^
泥団子作り、ぴかぴかにするの、流行りました。

> 笑顔と言葉掛け、大事ですね。たった一言で元気になれたり、不快になったり、一生を左右するような心身のダメージにつながったり、奈落の底から這い上がれたり、言葉には魂が宿ってますね。冷血動物では無い、人間らしい臨機応変な言葉を発して殺伐とした世の中を渡っていきたいものです。

お一人、お一人が、そのように意識していれば、きっと、社会は、明るくなるはず。
そう願っています。

> ありがとうございました。

こちらこそ、黒すけさん大切な思い出、ご意見、聞かせていただき、ありがとうございます。

毎回、とてもよい刺激になり、お勉強になっております。

ご訪問、ありがとうございます。

うーん、なつかしいですね。
私は幼稚園時代からガールフレンドの方が圧倒的に多かったので、よくままごとへの参加オファーを要請されたものです(笑)。
子供やお父さん役だったり、食料調達係でこのカラスノエンドウやイヌタデ(アカマンマ)の実なんかを集めさせられたりしました(笑)。

そういう一言で一日中心がポカポカすることってありますよね。
こういうご時世だからこそ、お互いがそういう小さな思いやりを大事にして行きたいものです。
いいお話でした。

昨日のご回答もありがとうございました。
よくわかりました。

ほんとにね!

花おばさん、こんにちは。
ほっこり!
ほっこり!
ですね~。
気持ちがほかほかですよ。
ありがとです。

他者への思いやり

> こんにちわ

ネリムさん、いらっしゃいませ~。

> こんなご時世だからこそ、他者への思いやりが大切だと思います。

ほんと、その通りです。

きっと、そんな優しいお母さんのネリムさんの姿を見て、お嬢さんも、やさしい心ある
大人になられることでしょう。

どうぞ、ご自身のお身体、ご自愛くださいませね。

ご訪問、コメント、ありがとうございます。



ままごと参加オファー。^▽^

> うーん、なつかしいですね。

さえき様 いらっしゃいませ~。

> 私は幼稚園時代からガールフレンドの方が圧倒的に多かったので、よくままごとへの参加オファーを要請されたものです(笑)。

あら、@@ とっても人気ものだったんですね。(今もそうですね。^^)

> 子供やお父さん役だったり、食料調達係でこのカラスノエンドウやイヌタデ(アカマンマ)の実なんかを集めさせられたりしました(笑)。

イヌタデも懐かしいですね。 

> そういう一言で一日中心がポカポカすることってありますよね。
> こういうご時世だからこそ、お互いがそういう小さな思いやりを大事にして行きたいものです。
> いいお話でした。

ありがとうございます。 大海も最初は小さな一滴から広がっていきますから。
そうありたいものですね。

> 昨日のご回答もありがとうございました。
> よくわかりました。

こちらへのコメントもありがとうございます。

毎回、温かい励ましのコメント、ありがとうございます。

Re: ほんとにね!

> 花おばさん、こんにちは。

ぺんさん、いらっしゃいませ~。

> ほっこり!
> ほっこり!
> ですね~。
> 気持ちがほかほかですよ。
> ありがとです。

こちらこそ、毎回、お二人のご様子に、ほっこりさせて頂いてます。
同じく、気持ちぽかぽかです。

ご訪問、コメント、ありがとうございます。

子育てって…

こんな見守ってくれる母親だと、どんなにか
豊かな感情が育ったでしょう。
仕事を持つ母親だった私は「ダメ」と「早く」
「止めて」の連発だった気がします。
仕事のせいじゃなく、自分の未熟を八つ当たり
して子供を責め、自己嫌悪に陥るダメ母。

…ちょっと苦い思い出ですが、若いお母さんの
穏やかな眼差しに守られるお子さん達、きっと
健やかな心と身体が育つことでしょうね。

羨ましく、微笑ましい状況描写を有難うございます。

Re: 子育てって…

> こんな見守ってくれる母親だと、どんなにか
> 豊かな感情が育ったでしょう。

aconiteさん、いらっしゃいませ~。

> 仕事を持つ母親だった私は「ダメ」と「早く」
> 「止めて」の連発だった気がします。

仕事もってなくとも、特に初めての子育てって、
わからないことだらけで、「ダメ」、「早く」の連発だった
り、自分の感情のまま叱ることも多々あり、反省の連続でしたよ。

> 仕事のせいじゃなく、自分の未熟を八つ当たり
> して子供を責め、自己嫌悪に陥るダメ母。

入院生活中、自己嫌悪に陥るお母さん看護師さんも、
ついつい自分を責めしまう話をされていましたし、
私も、自己嫌悪によく陥ってましたから。

> …ちょっと苦い思い出ですが、若いお母さんの
> 穏やかな眼差しに守られるお子さん達、きっと
> 健やかな心と身体が育つことでしょうね。

偶然みかけたお母さんたちは、何故か、そのような方たち
ばかりでしたので、これも、何かのご縁なのでしょうね。

> 羨ましく、微笑ましい状況描写を有難うございます。

いえいえ、aconiteさんのまわりのお友達関係を拝見していると、
毎回、微笑ましくて、いいな、いいな・・と心ほっこりさせて
頂いてます。

こちらこそ、ありがとうございます。^▽^

ことばのちから。笑顔のちから。

あたたかいおはなし
ありがとうございます。

まっくろ黒すけさんの
言われた"言霊"

わたしはことばを
大事にできてないの
けれど、
ひとの"ことば"と"えがお"
幾度も救われました。
だから
レジで暴言をはかなければ
救われる"えがお"が
あったかも。

おばさま
あたたかいことばを
ありがとう。

Re: ことばのちから。笑顔のちから。

> あたたかいおはなし
> ありがとうございます。

ことのはさん、いらっしゃいませ。そして、こんにちは。

花おばさんの所にいらしてくださるブロガーさんにも、
ほんわかをお裾分けしたくて、取り上げました。

> まっくろ黒すけさんの
> 言われた"言霊"

発する言葉の力、影響力、意識しないで発している人がほとんどかもしれません。
一度発すると、訂正し、取り消すのは、至難の業ですから。

> わたしはことばを
> 大事にできてないの
> けれど、
> ひとの"ことば"と"えがお"
> 幾度も救われました。

HNのことのはさん、言葉を大切にされるお名前。素敵です。
そこにはやさしい気持ちが表れてますよ♪

> だから
> レジで暴言をはかなければ
> 救われる"えがお"が
> あったかも。

最初は、ちょっぴり勇気がいるけれど、
でも、大きな大海も、最初は小さな一滴からはじまっています。
小さな輪・和が、波紋のように広がる事を願っています。

> おばさま
> あたたかいことばを
> ありがとう。

こちらこそ、お越しくださって、ありがとう。
また、よければ、遊びにいらしてくださいね。

ご訪問、コメント、ありがとうございます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2020 Xジェンダー・Life all rights reserved.Powered by FC2ブログ