FC2ブログ

プロフィール

花おばさん

Author:花おばさん
FC2ブログへようこそ!

見た目も、医学的にも、ノーマル女性にしか見えない管理人。けれど、幼いころより、何故女子のはかわいいお嫁さん、ままごと遊びしかしてはだめなの?
桃太郎のお話の中の、しばかりにでかけるおじいさんになりたかった女の子でした。男は度胸、女は愛嬌の逆合言葉にしたかった管理人。やっと、最近、そんな肉体の性別と感覚の性別で揺れ動いている人達に出逢って、ほんとうの自分に出遭えた喜びを、止められない私がいます。こんな管理人ですが、どうぞ、よろしく。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ




仕事先までの遊歩道にて、石でできた水の流れに、その小さなおたまじゃくしは、子どもたちの大人気でした。

学校帰り、幼稚園帰りの子供たちが、夢中になって、すくおうとしていた光景がつい昨日のよう。けれど、そこは人口のせせらぎ。水の調整で、ある日、完全に干上がっていて、一匹も姿がみえなくなっていた。

けれど、今日、また、子供たちが、夢中になって、捕まえようとしていた。生き延びていたやつがいたのね。なんだかほっとした。そして、しかも足がにょきにょき生え始めていたのだ。なんだか、うれしくなった。

まだ早い春先、ほとんどじっとして動かず、捕まえやすかった彼らは、家に持ち帰っても、すぐ死んでしまったと、小さな男の子とお母さんが話していた。土でもなく、硬い石でできた人口のせせらぎ。それでも、まわりに街路樹があり季節の花もあり、土もある。どこからか、親がやってきて、水があるからと卵を産んだんであろう。そして、とても小さいから、アマガエルかもしれない。ほんとに、小さいのだ。

久しぶりにおたまじゃくしを見て、興奮した。子供たちがうれしそうに、どれだけとれたか、競争していたのだ。上手く捕まえられるといいね。と声をかけながら、仕事場に急いでいた。

時代が変化しても、自然からの贈り物は、いつも、子供たちを魅了するということがよくわかる。私も、そうだったから、彼らの気持ちと一緒になって、きらきらしながら、興奮していたことを懐かしく思い出していた、そんな一春から初夏にかけての、かえるの子供たちの成長している姿を見れて今日は、よかった。・・・と帰路について、自宅にて、今日のブログを書いている花おばさんです。

おやすみなさい。今日はもう寝ます。疲れた~。今日もよく頑張ってお仕事したぞぉー!


にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2020 Xジェンダー・Life all rights reserved.Powered by FC2ブログ