FC2ブログ

プロフィール

花おばさん

Author:花おばさん
FC2ブログへようこそ!

見た目も、医学的にも、ノーマル女性にしか見えない管理人。けれど、幼いころより、何故女子のはかわいいお嫁さん、ままごと遊びしかしてはだめなの?
桃太郎のお話の中の、しばかりにでかけるおじいさんになりたかった女の子でした。男は度胸、女は愛嬌の逆合言葉にしたかった管理人。やっと、最近、そんな肉体の性別と感覚の性別で揺れ動いている人達に出逢って、ほんとうの自分に出遭えた喜びを、止められない私がいます。こんな管理人ですが、どうぞ、よろしく。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:男性・女性って何?


花おばさん、最近Twitterに参加しております。NOWな情報、感じたこと、理不尽なこと、憤り、うれしかったこと、癒される事、ありとあらゆる情報発信で、一気に拡散、あるいは、いいねのツイートが帰ってくる世界とつながっている現代のツール。

発言することで、反感を買う場合もあるかもしれないけれど、自分の思いや、考えや、共感できることで、救われたり、元気がでたり、勇気をもらったり、そんな人とのコミュニケーションのひとつだな~・・と最近思うようになりました。

そんな中、あるツイート発信に、とても心が痛んでしまったのです。

それは、あの25年前には、知りえなかった悲しい出来事。まったくといっていいほど、報道されなかった情報。生き延びるだけで必死で、避難してこれただけで精一杯な中、性被害ということが起きていた事実があったこと。

やっと、被害を受けた女性たちが声を上げだしたことを、ツイートしてくれた人がいました。そうでなければ、その事がとても重要なことであることに関心をもち、このままではいけないと思う記者や番組制作者がいないかぎり、報道されないため、永遠に知る機会もありませんでした。

東北の震災の時も、しかり、被害にあって、避難して、やっと自宅に一時帰宅できてみると、家財道具ごっそり盗まれていた!なんて、こともざらにあったことがありましたが、火事場の泥棒。世の中には、人の不幸を利用する人がいるのも、現実。

私は、そんな人の不幸を利用して、生きようとする人に、たとえ何が起こったとしても、まったく同情はいたしません。自分のしたことが、自分に返ってきただけで、当然の因果応報だとバッサリ切り捨てます。

それと同じように、むしろより怒り、憤りが増します。そして、その性被害を相手に与えてしまった人は、避難場所でボランティアをしている(運営、あるいはいろいろお世話を担当している)男性の方が、当事者になっていると被害を受けた女性は訴えていました。

なんと、卑劣な行いなんだろう。ふつふつとおばさんは、怒りがこみ上げます。生理的に、また、男性の本能なのかもしれません。
危険、あるいは命に係わる出来事が起きた時、遺伝子を残そうという本能が顕著に現れると聞いたことがあります。

けれど、受け身の女性にとって、それは、まったくの地獄です。それがたとえ、恋人関係であっても、または、夫婦関係であっても、女性にとって、望まない行為であれば、心が死んでしまいます。

一人でも、そんな被害をうけた女性の苦しみ、悲しみ、絶望感、そして、永遠に忘れることの出来ないトラウマになることを、知っていただきたくて、今日のブログにいたしました。

今回の記事で、不快に感じてしまうブロガーさんがいたとしてら、ごめんなさいね。それでも、女性として生まれ、女性として長く生きてきた花おばさんには、そんな女性の悲鳴を、見過ごすことができなかったのです。

では、また。
スポンサーサイト



コメント

No title

こんばんはですにょ。

火事場の泥棒ってやつですにょ。

人が困っているところに付け込んで悪事を働くなんて、
とんでもないやつですにょ。

厳罰で対処してほしいですにょ。


ありがとうございます。

> こんばんはですにょ。
>
> 火事場の泥棒ってやつですにょ。
>
> 人が困っているところに付け込んで悪事を働くなんて、
> とんでもないやつですにょ。
>
> 厳罰で対処してほしいですにょ。

からみづらい内容に、コメントありがとうございます。

そんな性被害、少しでも、なくなったらと願ってますにょん^^

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2020 Xジェンダー・Life all rights reserved.Powered by FC2ブログ