FC2ブログ

プロフィール

花おばさん

Author:花おばさん
FC2ブログへようこそ!

見た目も、医学的にも、ノーマル女性にしか見えない管理人。けれど、幼いころより、何故女子のはかわいいお嫁さん、ままごと遊びしかしてはだめなの?
桃太郎のお話の中の、しばかりにでかけるおじいさんになりたかった女の子でした。男は度胸、女は愛嬌の逆合言葉にしたかった管理人。やっと、最近、そんな肉体の性別と感覚の性別で揺れ動いている人達に出逢って、ほんとうの自分に出遭えた喜びを、止められない私がいます。こんな管理人ですが、どうぞ、よろしく。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:世界で起きている出来事
今日も世界陸上の話題です。早朝5時に、サニブラウン君の準決勝を観ました。やりましたね!日本の陸上の歴史において、14年ぶりだそうです。そして、年齢的にも、新記録だそうです。第二のボルトに成長するのでは・・・と大きな期待をされているようです。映像では、お母さんがとても喜んでいました。母なら、彼の海外でのトレーニングなどひとりで頑張っていることを、ずっと、家族として応援していたでしょうから、花おばさんも母の心境になりました。100メートルは少し残念だった分、当の本人も納得できたのではないでしょうか。とにかく、よかった・・とほっと胸をなでおろしていました。



ある方のブログにアップされていた動物に起きた不思議な能力や感情に感動したお話。そして、長年、ゾウ達のために尽力していた男性の死を察知したぞうたちのお話です。


・https://matome.naver.jp/odai/2138456837969001901




彼らは、毎年のように、自分たちを保護してくれた恩人の死をまるで忘れずに追悼するように、彼の命日あたりに、どこからともなく、やってきて、しばらくその地にとどまり、また去っていくという行為を繰り返している現象を、あるネイチャー番組で取り上げられていたのを観て、感動したのです。

もうひとつのお話は、猫好きなワンチャンが亡くなった日。玄関前に、地域の街猫さんが15~20匹、集まってきて、まるで、その死を悼むかのように、しばらくその場所にとどまっていた・・というお話。 猫好きな犬と、地域に住んでいた猫さんたちの、不思議な絆や交流がそこにあったのでしょうね。人間だけではなく、動物にも、大切に思う人、異種動物間で育まれる心?気持ち?感情がちゃんとあるでしょうね。しみじみ、ほのぼの、うるうるしたお話です。


hahaさんの所からジャンプできます。

http://ogenkini2525.blog.fc2.com/

直接ページアップしたかったのですが、上手く表示できなくて、hahaさんの所からジャンプお願いいたします。猫好き、ネイチャー好きには、ハートと涙腺がうるうるしてしまいます。

hahaさんご紹介くださって、ありがとうございます。
スポンサーサイト



コメント

動物の神秘

ぞうさん、犬、猫、らくだ、等みんなすごい能力を持ってますよね。

我が家のペット達も不思議でいっぱい。

エビやどじょうは、忍者のように隠れるし。。。

プラティが死んだので(多分暑さのせい)埋めて肥料にしました。

いつも素敵マ話題と画像、有難うございます。

すべてのものはその奥で
繋がっているんですよね
人と人も繋がってるんですよ

気づきがそれを知らせてくれると
思ってるんですが...(^^)

Re: 動物の神秘

> ぞうさん、犬、猫、らくだ、等みんなすごい能力を持ってますよね。
>
> 我が家のペット達も不思議でいっぱい。
>
> エビやどじょうは、忍者のように隠れるし。。。
>
> プラティが死んだので(多分暑さのせい)埋めて肥料にしました。
>
> いつも素敵マ話題と画像、有難うございます。

kitaさん、ご訪問、ありがとうございます。

扶養されている家族のみなさん、愛おしいですよね。

飼っているうちに、親近感や愛情が湧いてきますね。生き物の神秘を感じます。

こちらこそ、温かいコメント、いつも、ありがとうございます。

すべて繋がっている

> すべてのものはその奥で
> 繋がっているんですよね
> 人と人も繋がってるんですよ
>
> 気づきがそれを知らせてくれると
> 思ってるんですが...(^^)

おっしゃる通りだと思います。

すべての命・地球上に存在するものは、植物も、動物も、繋がっていると思っています。

そのことを、常に地球が気づけるよう教えてくれているように、日々感じます。

大切なことを言ってくださって、ありがとうございます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2020 Xジェンダー・Life all rights reserved.Powered by FC2ブログ