FC2ブログ

Xジェンダー・Life

CATEGORY PAGE

category: 自分史について・私って何者?  1/2

コミニティに投稿した・自分という存在

本日は、Xジェンダーコミニティにて投稿してきた・自分という存在についての日記を載せることにしました。いくつかのそれに対してのコメントに、私と同じ肉体的に女性の方と、反対の男性として生まれてきた人たちの感想コメントも一緒に載せることにしました。少しでも、Xジェンダーについての認知と理解が進むことを願っています。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・...

  •  4
  •  -

好きなもの・お気に入りのもの・Favoriteな毎日

長ぁ~い、長ぁ~い時間がかかりました。苦しくて、辛くて、やりきれなくて、自己否定し続けていました。先天性の障害と、大人になってからの無理しすぎた反動で、鬱になり、育った環境から、PTSDと、パニック症を発症し、そして、対人恐怖症で、まったく外へ出かけられなくなった日々・・・・・・まるで、そんな時が本当にあったのか、うそのように、自分を取り戻している花おばさんけれど、ちゃんとわかっています。そんな辛くて...

  •  2
  •  -

自分のことをカミングアウトする勇気

自分のことを、カミングアウトすることは、本当は、とても怖い行為でもあります。けれど、自分が何者で、どうして、違和感を感じるのか、誰も教えてくれる人がいませんでした。だから、自分から、自分の事を知るために、図書館に通い、それに関するニュースなど、情報を自らが努力して探し求めるしかありませんでした。その困難さを思うと、今はとても、恵まれた環境になったと思います。これほど、世界が繋がり、知りたい情報が手...

  •  0
  •  -

先天性背骨・脊髄障害と、加齢による変形性関節症とともに

生まれつき先天性背骨・脊髄の障害を抱えて生きてきた。現代医学ではどうにもならない障害。いつ何が起こるかわからない。何度も今度回復しなかったら、アウチ・・といつも死と隣り合わせの人生を送ってきた。2歳の時、あまりにも頻繁に、病院に担ぎ込まれるので、医者も匙を投げて、この子は、大きくなれません宣言をした。その時の母は、まるでドラマのように、半狂乱だった。大人になっても、どんなに日々の生活を気を付けても...

  •  0
  •  -

わたしという人間、小さな怒りの巨人でした。

No image

少女時代、私は、小さな怒りの巨人でした。人が、人を、理不尽な理由から排除し、尊厳をいとも簡単に、こなごなにしてしまう行為にたいして、瞬間湯沸かし状態によくなっていたからです。漫画でよくみる、怒りの表現に、頭から湯気がでている。そんな子供でした。その感性を陰ながら応援し、大事なことだと教えてくれた人は、私の父。人を理由もなく、差別するような人になってはいけないよ。それはね、例えるなら、天に向かってつ...

  •  0
  •  -