FC2ブログ

Xジェンダー・Life

CATEGORY PAGE

category: 男性・女性って何?  1/2

男らしい 女らしいというものさし と 偏見 

今日、Xジェンダーコミニティでの投稿について、私なりの感想と意見をコメントしてきた。私は、社会通念的、男らしい、女らしいという人を表面的なものさしで、はかられることも、人をはかることも両方ともあまり、・・というより全く好きではない。むしろ、嫌悪している派である。肉体的、医学的なノーマルな男性、女性であっても、ハンサムウーマンはいるし、むしろ精神的な大人として生き方がかっこいい!とリスペクトするし、...

  •  2
  •  -

夏のファッション

Xジェンダー・コミニティにて、夏らしいファッションがアップされていて、その方にとっての気分転換になり、その時間を楽しんでいらしたのがよかった。身体は別性であっても、心が乙女であることは、決しておかしいことではないことを、昔、中学の時のクラスメイトの男子から教えてもらったことがある。彼は、自分の身体の性と感覚の性に違和感があって(いわゆる性同一障害)まだその言葉もないころ、自分のことで随分と悩み、苦...

  •  0
  •  -

蔦森樹という人物を知る・男と女の垣根を越えて。

まだXジェンダーという言葉なんてなかった90年代にどちらでもない人物として、いくつも書籍を出版している蔦森樹(つたもり たつき)という人物を、Xジェンダーコミニティで、初めて知った。Xジェンダーという言葉が認知され始めたのも、日本ではごく最近のこと。Xジェンダーについても、言葉の認識も、海外と比べて、若干認識違いがあるようだし、日本での浸透は、まだまだこれからなんだろうと思う。けれど、すでに、自分の性自認...

  •  2
  •  -

ふたつのブログ訪問 それぞれの感性に・・・。

No image

新しい世界に飛び込んで、まるで初めて外の世界に冒険に出たばかりの、ぴよぴよヒヨコ状態。でも、いろんな人がいて、いろんな感性があって、わくわくしている。その人だからの感性に、感動? 共感? リスペクト? よくわからないが、素敵だと感じている。男性的脳の働き、女性的脳の働きがあって、それが、文章・文体にも影響するのだろうか?まるで、まったく異なる表現・つぶやきであるが、どちらも、素敵なのだ。まったく今...

  •  0
  •  -

産む、産まないを選ぶ自由

No image

あるXジェンダーの方の日記で述べられているXジェンダーライフのひとこまに、産みたい気持ちがあるとあったことで、自分や女性の中には、産む、産まないを自分でよく考え、選ぶ自由がほしかった・・という意見をよく聞いてきたので、産みたいと願っている医学的男性と、産みたくて産んだのではない・・という医学的ノーマル女性の問題を解決できる将来的な、そんなこと悩まなくてもよい時代がくるといいなと思った。どちらかという...

  •  0
  •  -