FC2ブログ

男らしい 女らしいというものさし と 偏見 



今日、Xジェンダーコミニティでの投稿について、私なりの感想と意見をコメントしてきた。

私は、社会通念的、男らしい、女らしいという人を表面的なものさしで、はかられることも、人をはかることも両方ともあまり、・・というより全く好きではない。むしろ、嫌悪している派である。

肉体的、医学的なノーマルな男性、女性であっても、ハンサムウーマンはいるし、むしろ精神的な大人として生き方がかっこいい!とリスペクトするし、男性であっても、ぐちぐち、ぶちぶち、延々とぐじぐじとどうどうめぐりする立派な大人の男子を見ると、はっきりしろー!!!と、言いたくなるし、表面的なうわべで、評価する人を見ると、ごめんなさい。それだけの人なのね・としかみることができない。

私は、女性として生まれ、女性としての、一通りの人生をほぼ経験してきた中で、後天的に身につけたこと、暗黙のうちに、女性だから、やって当然という社会的通念常識に、無理やりその役割をせざるを得なかったことには、理不尽だと思うことも多々あった。

今現在、男だから、女だからに関係なく、ユニークは個性をもったひとりの大人として、息子たちとも、そして、仕事においても、そのXjジェンダーコミニティにおいても、友人たちとの交流や一緒に過ごす時間も、もうひとつのカウンセリング関係のコミニティや、フィールドワークにおいても、どうどうと生きている。恥じることは何ひとつない。

うそのない、ありのままでいられることを謳歌している。

思うのだ。誰かの創りあげた・時代や社会や宗教的価値観や、国の習慣における、誰かにとって都合の良い価値観、しかも個人的身に着けている感覚的なものさしのメモリで、はかられる必要もないし、自分で自分をがんじがらめに縛る事はないと、思っている。

まだまだ、日本では、この分野においての認知が浸透していないため、そのものさしによって、辛い思いをしている人たちがいることを、正しく知ってもらいたくて、このブログを立ち上げたのだ。

人と違うことは、何も悪いことではないはずだと思っている。生産性を効率よくあげるための社会的規範から外れてみれば、(メンタルヘルスのサバイバーの人たちに代表されるように、または、様々な障害を持っている人たちにとっても)同じ地球に生まれた命ある対等な存在だと思っている。

医学的ノーマルな方達とのブログ交流も楽しく参加させて頂いているが、Xジェンダーのみなさん、恵まれた状況にいらっしゃる方以上に、真剣に、真摯に、人生を懸命に生きていますから。そう、花おばさんは、感じている。

決して、ノーマルな状態にいらっしゃるみなさんが、そうでなないとは思ってはいない。人それぞれ、生きていく中で、生きにくさを感じ、効率よい生産性を保つ社会システムに、疲れている方もいらっしゃるし、そこから外れて、休息の時間に入られている方もいる。だれもが、一生懸命、自分と向き合って、生きていると思っている。命に優劣なんて、存在しないと考えている花おばさん。

今回のコメントに、不快感を感じられましたら、ごめんなさい。けれど、これが、いつわざる私なのです。これまでの投稿ブログから私の内面、どんな人物であるかは、多少なりとも感じられたと思います。

そして、どこかで、すれ違っても、たとえ、お会いする機会があったとしても、ごくごく常識的な年齢相応の女性としか感じられないと思います。今日は、投稿されたXジェンダーの方の身に起こった身内からの、男らしい、女らしいものさしに、少なからず傷ついたという内容に(きちんと、話され、理解してもらっていると思っていたけれど)、私自身、再刺激がおきてしまったので、やりきれなくて、自分のブログに、トロしました。

某番組でも、最近このテーマがよく取り上げられてきたことで、少しずつ、マイノリティカテゴライズされているこの分野の・社会認知が浸透し、時間はかかるだろうけれど、その存在が、あたりまえになる時がくるとよいなぁと願いをこめて、ブログ書き続けています。では、また。

スポンサーサイト



夏のファッション



Xジェンダー・コミニティにて、夏らしいファッションがアップされていて、その方にとっての気分転換になり、その時間を楽しんでいらしたのがよかった。身体は別性であっても、心が乙女であることは、決しておかしいことではないことを、昔、中学の時のクラスメイトの男子から教えてもらったことがある。彼は、自分の身体の性と感覚の性に違和感があって(いわゆる性同一障害)まだその言葉もないころ、自分のことで随分と悩み、苦しんでいた。

偶然、彼が思いあまって、学校の屋上から飛び降りようとしていた場面に出くわし、死んではだめだよ!と声をかけ、彼の話をこんこんと聞いていたことをふっと、思い出したので、ここでアップすることにした。

私がXジェンダーという言葉を知り、自分と同じような思いをして生きてきた女性に出逢い、それで、カミングアウトしようと思えたきっかけを作ってくれた・【自分を女性だと思えない・トピック】を応援してくれた人がいた。

彼女の言葉と背中を押してくれなかったから、まだ今でももんもんとしていたかもしれない。

自分のことを語ることは、ある意味、正直怖い。ほんとに怖いのだ。けれど、やっと、出逢った今のコミニティ・いろんな状態や段階の人がいる。様々である。だからこそ、みんな違うけれど、それもいいのさ。そして、日々揺れ動いて生きている。みんな、葛藤しながら、それでも懸命に生きている。それで十分と思っている。

どの人の人生も、愛おしくて、大切で、自分を生きてほしいと、願わずにはいられない。そんな花おばさんです。では、また。


にほんブログ村

蔦森樹という人物を知る・男と女の垣根を越えて。



まだXジェンダーという言葉なんてなかった90年代にどちらでもない人物として、いくつも書籍を出版している蔦森樹(つたもり たつき)という人物を、Xジェンダーコミニティで、初めて知った。

Xジェンダーという言葉が認知され始めたのも、日本ではごく最近のこと。Xジェンダーについても、言葉の認識も、海外と比べて、若干認識違いがあるようだし、日本での浸透は、まだまだこれからなんだろうと思う。

けれど、すでに、自分の性自認について、語っていた人がいたなんて、驚きだ。

今日は、コミニティでの大学院生さんからの論文のため、Xジェンダーインタビューを、上野公園で顔合わせすることになっている。今回のことがよいきっかけになって、今、項目ごとに分け、ずっと取り組もうと思っていた自分ストーリーを書いている。

自分が生きてきた証として、遺そうと思っている。そして、大切な友人には、伝えておこうと思い、高校時代の友人と、社会人になってからの、家族よりも長い付き合いのもうひとりの大切な友人に向けて、送ろうと思っている。そして、自分用と、ひょっとして、まだ出逢っていない同じような悩みを抱えて生きてきたXジェンダーの人の役に立てればとの想いを添えて、ひとつの作品になるよう、今現在。執筆中。

ふたつのブログ訪問 それぞれの感性に・・・。

新しい世界に飛び込んで、まるで初めて外の世界に冒険に出たばかりの、ぴよぴよヒヨコ状態。でも、いろんな人がいて、いろんな感性があって、わくわくしている。その人だからの感性に、感動? 共感? リスペクト? よくわからないが、素敵だと感じている。

男性的脳の働き、女性的脳の働きがあって、それが、文章・文体にも影響するのだろうか?まるで、まったく異なる表現・つぶやきであるが、どちらも、素敵なのだ。まったく今の私の文体とは違っているから、なお、素敵だと感じる。

一度も直接あったことはないけれど、今の私の表現の仕方・文体と非常に似ている書き方をする・男子がいるらしい。義理の母に、『うちの甥っ子がよく手紙をくれるんだけど、それが、まるで〇〇〇さんと、よく似ているの。まるで双子のようだ』と言って、彼の手紙を読んでくれたことがある。

その文面は、まるで私が感じたこと、気づきたこと、伝えたいこと、をまんま、そこに綴られていて、驚いたことがあった。今もどこかで、私が感じ、想い、つぶやいていることを、思い、日記や、手紙にしている男子がいると思うと、不思議な感じがする。

訪問するようになったばかりの・そのふたりのブログから見えてくるその人ならではの、感性、思考、とても惹かれている。女性的、男性的表現うんぬんを越えて、その人だからの言葉の表現、心のつぶやき、どれも愛おしい感じがする。

10代のころ、まったく自分の心のつぶやき、感じていること、外に出せなかった。苦しかった。だから、感性に響く言葉を探し続け、すでに世に出ているエッセイ、詩、文学をまるまるノートに書き留めていた。一番苦手な宿題は、読書感想文と日記だった。

20代は、専攻した経済、経営論ばかりの専門書をずっと読んでいたので、そのままのコピー表現しかできなかった。学術的なガチガチ・カチカチ文体しか、書けなかった。

そして、今、たぶん、20年くらいかかって(仕事や関わっているコミニティや、SGでの経験)、今の文体に落ち着いたようだ。理想とする文体。シンプル・イズ・ベスト。できるだけ簡略かつストレートに伝わる表現の仕方。

仕事は、できるだけ、最大限注意深く気づいたこと、今後の方向性、自分のできること、必要なサポートや、やれると思う考えの提案などなど、常にふりかえなければならないので、当分は、今のままの文章スタイルしかできないであろう。

けれど、憧れるのだ。シンプル・イズ・ベストな表現文体に。だから、時々、訪れたい。その人たちの感性に触れたいから。

雪解けしたばかりの、私の感性があふれ出している今日の・花おばさんです。

産む、産まないを選ぶ自由

あるXジェンダーの方の日記で述べられているXジェンダーライフのひとこまに、産みたい気持ちがあるとあったことで、自分や女性の中には、産む、産まないを自分でよく考え、選ぶ自由がほしかった・・という意見をよく聞いてきたので、産みたいと願っている医学的男性と、産みたくて産んだのではない・・という医学的ノーマル女性の問題を解決できる将来的な、そんなこと悩まなくてもよい時代がくるといいなと思った。

どちらかというと、かく言う管理人も、結婚も、子供を産むということも、まったく望んではいなかったし、できるものなら、どうするか考える時間と、選ぶ自由がほしかった。けれど、今はどうかというと、現実、私はふたりの男子のお母さんである。後悔はしていない。授かった命を十月十日・子宮で育み、つわりも経験し、確実に育っていくわが子を、産む瞬間の不安もあったけれど、お母さんという偉大さを、肌で実感し、生命をこの世に送り出す神秘さを実感した。

あの出産の長いはてに、出逢う親子の絆と感動は、父親になる男子には残念だけれど、生まれ変わる時を待たなければ、経験することができないので、将来的に医学の技術が発展し、可能になる時がくれば、体験することもよいかもしれないと思う。

その経験を通して、我が身以外の存在を、我がことのように、何が原因で泣くのかわからない時、風邪をひいて苦しくて泣く我が子をみて、代われるものなら私が全部代わってあげたいと、心からそう思った・それこそが、母性なんだと実感し、私の中にも確実に母性が芽生えたことに気が付いたのだ。

だから、思う。母性も、父性も、実際にそれを経験し、子供の成長とともに、共に暮らし、共にごはんを食べ、共に笑い、共に泣き、共に喜ぶ、そんな日常のささやなか経験を通して、育まれ、育っていくものだと。

最初から、お母さんにも、お父さんにもなれるわけではないと思うのだ。少しずつ、少しずつ、経験を通して、自分で育てていくのではないだろうか。

子どもに関わる仕事をしていると、特に最近、ニュースで報道される・児童虐待や、まだ乳幼児であるにも関わらず、実の親に虐待され、命を奪われてしまう子供たちのことが気になってしようがないのだ。

信じられないのだ。母が、我が子を、父が我が子を、いらいらして、つい、かっ!っとなって、やってしまった。かわいそうなことをしてしまった・・と言い訳している場面をみると、吐き気がしてくる。

だったら、親にならないでくれ!育てるのが難しいのなら、いらいらして、殺すくらいなら、どこかの施設にあずけろよ!とむらぐらをつかんで、怒鳴りたくなる。

息子がよく言っていた言葉を思い出す。 親学校で、ちゃんと勉強して、あなたは十分に親になっても、子供を安全に、安心して、育てるだけのことが身についたので、卒業です。・・・というシステムがあればいいのに。簡単に、親にならないでくれ!と憤慨していたのだ。

まったく、その通りだと思ったのだ。 体は十分に大人になってはいるけれど、自分のことだけしか考えられない心がまだまだ未成年・お子様状態の大人が増えているんだろうと思う。

だったら、医学的男子であっても、子どもを産みたいと願っているXジェンダーの人に、産んでもらった方が、よほど、生まれてくる子は、愛されて、望まれて、生まれてくるのだから、ぜったい、そちらの方が、幸せなんだと、そう感じる。

親学校、現実それが社会の中で、浸透すれば、また、閉鎖的になってしまう父と母だけではない、親ではないけれど、生まれてくる子のアライになれる人たちが、家庭の中に介入し、親の負担・ストレスを軽減できる社会全体の問題として、取り組める環境になっていけば、今もどこかで恐怖に怯えている小さな命も、安心して、生まれてきても、よかったんだと思えるようになるのではないかと思う。

そして、命を失ってしまった子供たちの思いを聴くことはかなわないけれど、けれど、もう、二度と、ぼくたちのような悲しい子供をつくらないで・・・と。彼らの想いが聴こえるような気がする・だから、今も少しでも、救える命があるなら、関わりたいと思って、老体にむちうって、踏ん張っている。

そんな今日の、Xジェンダーおばさんの、つぶやきでした。おしまい。
プロフィール

花おばさん

Author:花おばさん
FC2ブログへようこそ!

見た目も、医学的にも、ノーマル女性にしか見えない管理人。けれど、幼いころより、何故女子のはかわいいお嫁さん、ままごと遊びしかしてはだめなの?
桃太郎のお話の中の、しばかりにでかけるおじいさんになりたかった女の子でした。男は度胸、女は愛嬌の逆合言葉にしたかった管理人。やっと、最近、そんな肉体の性別と感覚の性別で揺れ動いている人達に出逢って、ほんとうの自分に出遭えた喜びを、止められない私がいます。こんな管理人ですが、どうぞ、よろしく。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

オジサンだって頑張れば出来るもん!!

長距離ドライバー詩

おひさま大好き♪縁側日記

なにわのねこの「英語」と「鬱」。

きた3の癒し部屋

ReonViewin'S HOBBY LABO

サエっちのサエズリ

野良猫奮闘記
天気予報

-天気予報コム- -FC2-