FC2ブログ

家族になった生き物も、ブログの人たちも、そして親子になった出逢いも



保護猫じじさんを家に迎えてから、知人、友人たちの家で飼っている猫ちゃんや、わんちゃんとの運命的な出逢いの話をよく聞くようになりました。TVでも、ほんとに心温まる出逢いの物語に感動したりします。

思うのです。人と人との出逢いも、動物たちとの出逢いも、親子の出逢いも、通りすがりのまったく見ず知らずの人との、一瞬の何気ない会話であっても、不思議な縁で出逢ってると思うのです。

長い時間を一緒に過ごすだけでなく、たとえ、同じエレベータで一緒になったとしても、まるで目に見えない磁石のように、引き合い、ふれあい、ほんのわずかなほほ笑みや、気づかいの言葉であったり、それだけで、心があったかくなったり、ほっこりしたりするものです。小さな赤ちゃんが、初対面のおばさんに、思わずはにかんで、にっこり笑ってくれたりと、魂と魂が触れ合うような感じがするのです。

お勉強にって、思ってくださって、ありがとう。あなたのお家に縁あって迎えられた〇〇ちゃんたち、それも、ひとつの縁で、出逢うべくして出逢ったご縁だと思うのです。私が小さいころから、祖父から、祖母から(小さなお寺の住職と副住職でしたから)、よく聞いていた・人と人とのご縁も、不思議な縁で結ばれているということを、この年齢になって、つくづく、その通りだと思うのです。

英語学習を再度始めてみて、出逢ったご縁も、目には見えない不思議なご縁に導かれたように感じています。

昔、息子と早朝のお散歩に出かけたとき、突然、こんなことを言い出したのです。「ぼくと、お母さんとは、赤い糸で結ばれてるんだよね。」「どうして、そんな赤い糸のことを知ってるの?」「幼稚園の〇〇先生が、卒業式のとき、これからも先生は、いつも、〇〇君の事を思っているよ。先生と〇〇君には、赤い糸で結ばれてるから。忘れないでねって言ってたの。だからね、お母さんは、どんなに離れていても、僕が学校に行っているときも、僕の事を思っていてくれてるでしょ。だから、僕とお母さんも、赤い糸で結ばれているんだよ」・・・と。

その先生は、特別に、不器用な我が子を、心から思い、心配し、勇気づけてくれるために、見えない赤い糸と言う表現で、息子を励ましそうとしてくれたんだと思います。我が子から、そんな縁の話を聞くなんて思いもしなかったので、心が熱くなりました。そして、「そうだよ、お母さんは、いつも、いつも、〇〇君のことを思ってるから。決して離れることはないんだよ」と、語りかけたのです。

そう、奇跡のようにこの地球上で、出逢えるなんて、私たちは、生かされ、不思議な赤い糸でつながっているのです。

お互いのブログから、励まされ、共感し、感動し、胸が熱くなり、お互いの人生にエールを送ることができる。素敵だと思いませんか?どんな時も、体調が悪くなった時も、ゆうつになったときも、やりきれない想いをトロしたくなった時も、私たちは、繋がっている。あなたは、決して一人ではないのです。

それを伝えたくて、今日の2度目のアップになりました。アップ画像は、子猫の時の、お気に入りの箱で眠ってしまった一人娘のお嬢さんです。では、また。おやすみなさい。
スポンサーサイト



6月になって、今朝目覚める前にみた夢



あるお気に入りのサイトさん宅にて、周りが自然に囲まれ、季節の様々な生き物込みフォトアップされていて、癒されています。そんな中、すでにシオカラトンボをみかけたとあって、うらやましぃ~と思ってしまい、今日のアップは、シオカラトンボにしてみました。フリー素材からお借りしました。

いつでも撮れるよう持ち歩けば良いのでしょうが、中々普段持ち歩かないので、それを目的にして出かけるしか方法がないと思っている今日この頃の花おばさんです。今日は、朝から用事とその後仕事と一日フル活動です。

2014年の頃から、夢日記をつけています。あまりにも、リアルだったり、不思議な夢だったり、同じような光景が何度も繰り返されたりするので、また、夢だから、制限なく内面化した自分自身の心の奥も浮上するようで、記録に留めておこう!と思った矢先、夢日記をつけることを推奨するある方からの提案で、つけはじめています。

面白いですよ。中々、夢ストーリって。そして、夢の象徴にも、いろいろあって、何度も繰り返しでてくる特徴的な物質もありますし、夢の中で、現実ではできないことを、まるでアクターになったような感じで、感情や気持ちのリベンジもしてくれます。ぐ!っと抑え込んでいた感情を日々感じないようにしていたけれど、ほんとは、とても怒っていたんだな・・とか、自分の封印していた本当の気持ちに気づいたりすることも、よくあります。

そんな夢日記を今朝みた夢ストーリーを書き留め、夢ガイドブックで、夢の象徴分析日記を付けました。夢に出てきた象徴は、電車(路面電車)パジャマ 宇宙ロケット(UFOかもしれません。)街、道路(平坦・下り坂) 小川などなど。

今まで私の夢の中には、学校だったり、時計だったり、運動場や、理科室にあるような大きな机だったり、季節の花だったり、時には香りを感じることもあります。そのほか、家の中や窓、押し入れだったり、様々ですが、それは、メッセージ性のある象徴だったりもするらしいです。

肉の夢とガーディアンスピリットの夢と、夢の内容にも、いろいろあることも、夢日記をつけ始めて知りました。たぶん、自分の人生に、プラスに活かせる程度の地図案内や方向を定める羅針盤的役割をしてくれていると受け止めています。行動するのも、どれを選択するのも、すべては、自己責任ですから。夢を通して、自覚できていなかった自分の内面も知ることができたりして、楽しみながら、楽~な気持ちで解析しています。そんな一日が始まった今日のはなおばさんです。では、また。

ちょっと、風変わりな女の子、そして、今もかなり風変わりな女子・女性・おばさんの人生。



あなたが覚えている一番最初の記憶って、どんな記憶ですか? 幼い頃の記憶は、大きくなるにつれて、だんだんぼやけてきて、いずれはどこかに埋もれてしまうかもしれませんが、何年たっても、いくつになっても、まったく色あせることなく、記憶に留まっている光景があります。

今の仕事に採用されるまでの間で受けた講義にて、精神科医の方のある質問が鮮やかによみがえってきます。子どもに関わる仕事をしたくて、応募して研修と養成講座に参加した時です。"あなたの子供の頃の記憶で、一番最初の記憶は、どこまで遡れますか?"という質問でした。あの当時は、カウンセリングバブル時代と言われるほど、そういった類の職業に憧れる人が多くて、受講生がかなりいました。そんな中でも、0歳児の時の記憶がある人は、ほんの2・3人。そして、お腹の中の記憶があったのは、私ひとりでした。

私の中の一番最初の記憶は、母のお腹にいて、寒くもなく、暑くもない、ちょうどよいお湯につかっているような感覚の中で、母方の実家である小さなお寺の本堂で、祖父母のお経をあげる声と、時々鳴らす鈴の音だったのです。

物心つく頃、本堂に座っていると、祖父母がお経の合間に打ちならす、その鈴の音に、覚えがあって、”あ!あの時、お腹の中で聞こえてきたのは、この本堂でならしていた鈴の音だったんだ!と、わかった時、ある意味、現実本当だったのかどうかも定かでなかった記憶が、現実のことだと知った時は、自分でも衝撃を受け、誰にも話せませんでしたが、肉体と自分という存在意識を感じていた記憶とは、別物だということも、誰かに教えてもらう前に、気づき、理解していたとても風変わりな女の子だたのです。

2・3歳の頃から、いつも、普通に友達と遊んでいるときでも、それ以前の記憶は全くなく、お腹の中で感じていた記憶以前の自分は、どこにいて、そして、これからだんだん大きくなってくると、今感じている自分は、どこへ行くのだろう?と、不思議でしようがなくて、よく母方の実家に行ったとき、祖母や、祖父に、いろいろ質問していたのです。

たぶん、その環境が、私に、肉体の年齢と、心の年齢とは、別物で、たとえ、子どもであっても、魂・心が多くを経験した先輩であり、たとえ立派な大人であっても、まだまだ人としての経験が若く、精神年齢が(魂と心の熟練度が)とても幼い人もいるんだといういことに、気づいてしまった・女の子だったのです。

私のXジェンダー意識は、たぶん、育った環境や、母のお腹にいた赤ちゃんの意識には、男の子だから、とか、女の子なんだよね・・・という自覚はまったくなかった、その時の状態に意識が戻ってしまう所が大きいようです。先日の学術論文のためのインタビューを受けた際、相手の院生の方にも、そのように感想を言われましたから。他の方とは随分と違うように感じますとおっしゃっていました。

けれど、そこに至るまでには、肉体的・医学的性別と、感覚や意識の自覚がまるで一致しない、自分でも、よくわからなかった時間を長く過ごし、違和感をかかえながら、渇きを癒すために水を砂漠で探し求めるような感じで、随分と苦しんでいた私もいたのも事実です。探しても、探しても、腑に落ちる答えが見つからなくて、安心して人に話すことも、怖くてできませんでした。

自分が女性として生まれてきた理由と意味を追い求めて、〇〇年。やっと、その答えに辿り着き、今は、すべての事が、今に辿り着くためのプロセスだったということを理解できるようになっています。それには、それに気づけるたくさんの幸運な出会いがあったからなんだと、それは、人だけではなく、周りの環境(山と川と、自然界の仕組みや日本の四季折々の生き物たち)からも、たくさんの事を教わったからなんだと分かるようになってきました。

求めよさらば、与えられん・・・・・この言葉がいつも、ふっと浮かんできます。一日中、目の前の川の両端を、行ったり来たりして、何故、同じ川の水なのに、冷たかったり、ぬるかったりするのか、不思議でしようがなく、何日も、何日も、夏の間中、朝から、夕方日が暮れるまで、ずっと、川にいた少女時代を思い出します。

そして、ついに、きらきらりーん!とひらめき、その答えを知った時は、まるで世界で初めてそのことを発見した・あのニュートンのような気分で、興奮し、一番中眠れませんでした。

だから、このようなちょっと風変わりなブログに来てくださる方も、不思議なご縁で、お会いできていることに、感謝しています。ありがとうございます。人間関係で疲れてしまう時、仕事やご自身のお身体の事で、悩んでしまう時、またメンタルヘルス面で、苦しい日々を送っていらっしゃる方に、少しでも、生まれた意味、生きている意味、何故なんだろうと疑問に思われる時、少しでも、このカテゴリが、お役に立てればと思い、新たに追加しました。

どの方の人生もかけがえのない大切な人生ですから。 

花おばさんp(*^-^*)q


にほんブログ村
プロフィール

花おばさん

Author:花おばさん
FC2ブログへようこそ!

見た目も、医学的にも、ノーマル女性にしか見えない管理人。けれど、幼いころより、何故女子のはかわいいお嫁さん、ままごと遊びしかしてはだめなの?
桃太郎のお話の中の、しばかりにでかけるおじいさんになりたかった女の子でした。男は度胸、女は愛嬌の逆合言葉にしたかった管理人。やっと、最近、そんな肉体の性別と感覚の性別で揺れ動いている人達に出逢って、ほんとうの自分に出遭えた喜びを、止められない私がいます。こんな管理人ですが、どうぞ、よろしく。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

オジサンだって頑張れば出来るもん!!

長距離ドライバー詩

おひさま大好き♪縁側日記

なにわのねこの「英語」と「鬱」。

きた3の癒し部屋

ReonViewin'S HOBBY LABO

サエっちのサエズリ

野良猫奮闘記
天気予報

-天気予報コム- -FC2-